外山恒一の文章 ファシスト転向前

ミニコミ『外山恒一BEST』(1999年7月)より

前史 外山恒一はこうして革命家になった(1999年執筆)
長い反抗期の始まり
ほんとの自民党顛末記
青生舎との出会い DPクラブ結成
柏陵高校校長攻撃 初期DPクラブ活動例
高校生新聞編集者関東会議
高校生会議情宣ツアー 初めてのヒッチハイク
初めての山谷体験
フリースペースの開設
第一回全国高校生会議

本編

1989年
(19歳)
DPクラブの分裂
「学校」は抑圧装置だ
何が死の校門を押させたか


1990年
(20歳)
「高校生らしい」集会
部落研運動の差別性に断固抗議する
   (関連文書 89年度高部連総会批判 90年度高部連総会批判
「子どもの権利条約」の批准に反対する
子ども自身による反「管理教育」運動なるものは、ほとんどゲロゲロである


1991年
(21歳)
なぜDPクラブをやめるのか
思想的いきづまりを打破するために
ファック・ザ・「被差別部落民」


1992年
(22歳)
ブルーハーツ・コンサート爆砕報告
朝生「教育」論議を斬る
革命的オレ様戦線、まさに結成


1993年
(23歳)
なぜ学校をやめたのか
革命って一体何だーい?
寺山修司展粉砕闘争
スターリン主義者はせめて厚化粧せよ!
公安調査局事件顛末記
ヒッチハイク・マニュアル


1994年
(24歳)
いじめられたらチャンス


1995年
(25歳)
I CAN FLY
いいやアンタは「大人になれ派」だ


一人戦後史(ここまでのおさらい)


1996年
(26歳)
「終わりなき日常」に未練なし
社会が悪い
断片集


1997年
(27歳)
テレクラ、じゃまーる、ミスターチルドレン
戦後偏向教育を糺す!!
ハードボイルド・フェミニズム


1998年
(28歳) 
オフィスVADの秘密
世紀末のブルーハーツは未だ登場せず
私はこうして福岡県知事になった

1999年以降の主な文章
         
1999年
(29歳)
ドラゴン・アッシュ論
テント芝居がやってくる!
2000年
(30歳)
『ぼくの高校退学宣言』を読んでみた
なぜ山の手緑をテロったのか
21世紀に残したくない曲


発掘!!
09.03.01のサイトリニューアル後に新たに発掘し、
収録する過去原稿はここに並べていきます。
同時代人としての尾崎豊(吉岡忍『放熱の行方』書評) 『VIEWS』1993年11月24日号
ソウルフラワーユニオン・インタビュー 『バンドやろうぜ』1994年たぶん2月号
西部邁氏との対談 『週刊SPA!』1993年3月3日号
みんなビラを配れ! 『シティロード・九州版』1994年4・5月号
仁義なき戦い・原子力戦争 1999年執筆