外山恒一 活動年譜
右欄の●は関連ページ
少年時代
1970年7月   鹿児島県隼人町に生まれる。
1975年   福岡県大野城市に移住、以後主に福岡で育つ。
1983年4月 福岡市の私立西南学院中学校に入学。左翼偏向教育と云われても仕方がない同校の雰囲気に無意識のうちに影響されるが、それが顕在化するのは卒業後で、在学中はまったくのノンポリ。「受験競争」への反発から、趣味の推理小説創作とピアノの独学に没頭。
高校時代
1986年4月 受験に失敗し福岡市の私立中村学園三陽高校に入学。第1期生だったため異様に生徒管理が厳しかった。入学後わずか1週間目にして職員室に単身抗議。闘争の日々が始まる。
9月 鹿児島県立加治木高校に転入学。「自由な校風」とされていたが、次第にその虚構性に気づき、やはり闘争の日々。社会問題に目覚めたのもこの頃で空き教室を使って自主講座など開設していた。
1987年9月 福岡県立筑紫丘高校に転入学。「自由な校風」に惹かれての転入だったが、やっぱり闘争の日々。この時点ですでにあらゆる「学校」的な価値観と相容れない感性を身につけていたのだろう。
10月 「ほんとの自民党」結成。学校の枠を超えた高校生の政治グループ。党員10余名。若気の至り。
1988年1月 「政治活動」を理由に無期停学処分(結果的に50日間)。
4月 高校3年の始業式の日に退学届を提出。
反管理教育運動時代
1988年
5月 「反管理教育中高生ネットワーク・DPクラブ」を結成。福岡市周辺の駅前や高校前などで、仲間を募るビラまき活動開始。
8月 東京で開催された高校生新聞編集者関東会議に参加。学校当局と闘う高校新聞部員たちによって、70年代末から定期的に続けられていた自主合宿。初めて同世代の「同志」たちに出会う。
12月 仲間を求めての全国行脚で初めてヒッチハイク。
1989年
1月 『ぼくの高校退学宣言』で単行本デビュー。
2月 福岡市南区にDPクラブの「事務所兼たまり場」開設。1DKのアパート。メンバーも、出版を機に一挙に増大。
この頃、入門書を1冊読んでマルクス主義者となる。
3月 東大駒場寮食堂で第1回全国高校生会議。上記、高校生新聞編集者会議から最左派が分裂、社会派な高校生を全国各地から発掘して80余名を結集させた3泊4日の合宿イベント。実行委員の一人として企画段階から関わる。
8月 福岡市天神の街頭で初めてギター弾き語り。ブルーハーツのコピー中心。この年12月頃には日常的に街頭に出没しはじめ、福岡のいわゆる「ストリート・ミュージシャン」第1号に。
10月 DPクラブ分裂事件。アパートに入りびたるだけでまったく活動を担わない大多数のメンバーと、主宰者・外山との反目が高じて。80年代の若い社会運動シーンでは、同様の現象が全国的に普遍的に繰り返し経験された。
1990年
3月 第2回全国高校生会議(参加者80余名)。
4月 久留米市立南筑高校に新1年生として入学。分裂による活動停滞を打破するための「潜入」。校内で盛んに「活動」し、レポートをDPクラブ機関誌に偽名で寄稿、事情を知らない中高生読者を鼓舞する。当初の目的は達せられなかったが、2年間のさまざまな活動を経た視点で改めて「学校」という特殊空間を観察する機会となり、外山の学校論のレベルは飛躍的に高まった。
6月 2冊目の著作『ハイスクール「不良品」宣言』刊行。89年2月〜90年3月頃のDPクラブ活動報告集。
7月 神戸高塚高校で「校門圧死事件」。全国高校生会議の同志2名と共に「それでも起ち上がらない生徒」を攻撃する「不謹慎」なビラを現場で配布。この行動を機に、DPクラブ残党および高校生会議の一部(以下「一派」)が急激に先鋭化し、そのイデオローグ的キャラクターとしてめざましい活躍。
8月 神戸の高校生集会を「粉砕」。多くの参加者が暗黙の前提としているあらゆるテーゼを疑い、一参加者の立場で盛んに論争を挑むのだが、それだけで主催者側の意図する予定調和の集会は完全に破綻、野次と怒号が渦巻く大混乱に。一派の同志たちとともに同様の行動を全国各地のあらゆる「反管理教育」市民運動、とくに当時盛り上がり始めていた「子どもの権利条約」批准促進運動の集会等で展開し、その大半をやはり「粉砕」、「運動の破壊者」として憎悪され、恐れられる。
9月 <秋の嵐>の一部と連帯関係に。「反天皇制全国個人共闘」を掲げ、「最後の過激派」と呼ばれた首都圏の異端的左翼青年グループ。
10月 童貞を失う。
3冊目の著作『校門を閉めたのは教師か』刊行。『ふざけるな! 校則』の著者・はやしたけし氏との共著の体裁だが、事実上、事件をめぐる一派の活動レポート。
1991年
1月 日本縦断ヒッチハイク敢行。
3月 第3回全国高校生会議(参加者40名前後)。
別冊宝島〈プロ教師の会〉シリーズの『子どもが変だ!』に寄稿。この文章がコラムニスト・中森明夫の目にとまり、後に強力にプッシュされることになる。
4月 久留米市立南筑高校を自主退学。校門圧死事件以降そもそもあまり通学しておらず。
5月 DPクラブ解散。度重なる集会「粉砕」闘争などで孤立無援となって。
“異端的極左活動家”時代・前期
この頃、橋爪大三郎や竹田青嗣の著作を読み遅まきながらいわゆる「現代思想」に目覚め、笠井潔の著作が決定的契機となりマルクス主義を放棄。
この年の半ば頃から、それまで関心はありながら活動に忙殺されて手を出せずにいた音楽や映画など文化方面の「勉強」を始める。
7月 「自由恋愛」の実験を開始。複数の女性と同時進行で公然と付き合うというものだが、この実験は常に悲惨な結果を招いた。
8月 『注目すべき人物』執筆開始。中学高校時代からDPクラブ解散までの、外山の「反管理教育」全活動史総括。翌月完成するも、出版元がなかなか見つからず。
11月 読書会開始。高校全共闘の記録をテキストにするも、数回で破綻。
12月 「街頭ライブ」がムーブメント化。当初の「熱い想い」を喪失し、単に生活費を得るためだけに毎週末続けていた福岡市天神・親不孝通りでのギター弾き語りに、急に取り巻きの常連が増える。これが現在に至る福岡「ストリート・ミュージシャン」文化の始まりだが、革命性はあらかじめ失われていたと言えよう。
『週刊SPA!』の中森明夫監修の年末特集に<サブカルの未来の主役たち>の一人として紹介される。
1992年
この年から95年頃にかけて『週刊SPA!』の「中森文化新聞」に“反教育の革命児”として頻繁に登場、これをきっかけに他誌でもよく紹介されるようになり、一躍注目を浴びる。かに思われたが、結局たいした変化はなし。
1月 九州大学の自主ゼミに参加。テーマはフェミニズム。回を重ねるごとに嫌われる。
4月 突然、パンク・ファッションに。尾崎豊の死に衝撃を受けて(長続きせず)。以後秋頃までが福岡「街頭ライブ」ムーブメントの最盛期。
6月 個人誌『カルピス精通(そうかん)号』発行。<反学校、反教育、反民主主義、反・反差別、反フェミニズム、反ヒューマニズム、反大衆……>を掲げる「思想的オナニー」の産物。結局これ1号きり。
7月 初めて酒を飲む。
8月 ブルーハーツ・コンサート粉砕闘争。左翼市民運動グループが「ブルーハーツを福岡に呼ぶ親と子の実行委員会」と称し、「親子でROCK」と銘打って福岡サンパレスで開催した2千人規模のコンサートに3千枚の抗議ビラを手に乗り込み、2階席から散布。主催のオヤジ活動家や会場警備スタッフと格闘し、負傷。
9月 街頭ライブ中に襲撃される。上記コンサートを主催した小学校教諭が泥酔状態で親不孝通りに現れ、ビール瓶で外山に殴りかかってきたため、路上で格闘。
セックスフレンドをビラで募集。「女募集」と題したお笑いビラを福岡市中心街の電柱や女子トイレ等に貼ってまわる。最初の自覚的芸術活動。
10月 東京・三鷹に1DKのアパートを借りる。文筆業の出張拠点として。
11月 4冊目の著作『注目すべき人物』刊行。
12月 革命的オレ様戦線結成。ただし有名無実。
1993年
2月 宝島社の雑誌『バンドやろうぜ』に連載開始。「つれづれパンク日記」「がんばれROCK革命左派」「パンク強要講座」とタイトルを変えスペースを縮小されながら95年夏まで継続。
5月 5冊目の著作『さよなら、ブルーハーツ』刊行。「街頭ライブ」ムーブメント最盛期の日記。
初めてタバコを吸う。
8月 東大一高同窓会館で「退屈お手上げ会議」。91年以来の停滞を打破するため旧高校生会議系の同志たちと企画した3泊4日の合宿イベント。全国から100余名の若者が集まる。
10月 「反共左翼革命結社・日本破壊党」結成。退屈お手上げ会議への福岡からの参加者ら3名と。名称は当時ご存命だった「日本社会党」のパロディで、結局出なかったが機関紙タイトルも『破壊新報』の予定だった。わざとショボいビラを作って、福岡市周辺の高校前などで時折配布。
11月 寺山修司展粉砕闘争。福岡イムズビル内の会場で単に破壊党の仲間募集のビラを勝手に配布していただけなのだが、主催者に警察を呼ばれ、新聞報道までされる。
1994年
2月 ソウルフラワー・ユニオンとプチ論争。『バンドやろうぜ』誌上に外山が書いた批判的なインタビュー記事がきっかけ。
7月 福岡の左翼市民運動とまた激突。たまたま通りかかった街頭演説に飛び入りし、「女性サベツ」発言と北朝鮮批判が活動家たちに問題視され強制排除されたことがきっかけ。
公安調査局事件。公安調査庁の九州支局が、日本破壊党の活動を内密に調査していたことが、マヌケな職員が外山のアパート前に機密文書をうっかり落っことしたため発覚し、大げさに新聞報道される。ド派手な扮装で九州公安調査局に押しかけ抗議行動。
8月 日本破壊党、事実上崩壊。外山の失恋というショボい事情で。3ヶ月ほど立ち直れず、活動がままならなくなるが、その間にまた『SPA!』誌上でのセックスフレンド募集など数々の奇行愚行。
12月 狂ったように執筆。「街頭ライブ」運動の5年間を総括した単行本用原稿『アスファルトばかりじゃない』(450枚)、恋愛自伝『恋と革命に生きるのさ・第1部』(300枚)、アジ文『いじめられたらチャンス』(100枚)を次々と一気に完成させる。結局いずれも単行本化されずじまいだが、これらの執筆作業が失恋の痛手からの一応の回復をもたらした。
“異端的極左活動家”時代・後期
1995年
95年から96年にかけては、なりふりかまわぬオウム弾圧を契機とする警察国家化の動きにどう対抗していいのか途方に暮れてほとんど失語症のような状態に。
1月 阪神大震災・物見遊山ツアー。ヒッチハイクで「廃墟の街」を見物に行く。ヒューマニズムへの反感が行き過ぎてすっかりグレてしまっていたのだと現在では半ば反省。後にオウムも遊びメインの廃墟見物をしていたことを知り、複雑な心境に。
2月 東京で「だめ連」と出会う。90年代後半の若い運動シーンを席巻した文化左翼ムーブメント。恥ずかしい直球スローガンを確信犯的に連発するダサカッコいいノリに強い影響を受け、新しい展望を得た気がしてこの運動を福岡へ「輸入」することを決意。
3月 破壊党を「革命結社・ユルサン」に改称。オウム弾圧への抵抗のモチーフを秘めての、「だめ連」福岡輸入の最初の試みだったが、うまくいかず、機関誌『ミトメン』を1号出しただけで自然消滅。
7月 鹿児島市にアパートを借りる。街頭ライブの出稼ぎ拠点として風呂なしワンルームを。この瞬間、全国にアパート3部屋。
8月 東京・三鷹のアパートを引き払う(「中森文化新聞」効果によるブレイクをあきらめて)。
10月 鹿児島のアパートを引き払う(改築のため立ち退き)。
11月 6冊目の著作『見えない銃』刊行。まだDPクラブを主宰していた90年頃から、街頭ライブ・ムーブメント最盛期にあたる92年頃までの雑多な文章を収録。『最低ですかーっ!』以前では最後の純粋な著作。
1996年
1月 『読売新聞』九州版にコラム連載開始。月イチで1年間続くが、オウム事件以来の“失語症”であまりよいものは書けず。
2月 スランプが頂点に達し、文筆活動も革命運動もいったん放棄、福岡県大野城市の実家でしばらく静養することを決める。これにともない丸7年間活動拠点としていた福岡市内のアパートを引き払う。
5月 原付免許取得。機動力を飛躍的に高めたものの、スランプ中ゆえ有効な使い道ナシ。
8月 心機一転を図り、上京。杉並区阿佐ヶ谷にワンルームの風呂なしアパートを借りて、荷物は宅配便で送り、カラダは免許を取得したばかりの原チャリで運ぶ。東京では「だめ連」のピークが終わりつつあり、それを乗り越えんとする矢部史郎(高校生会議以来の同志)・山の手緑(退屈お手上げ会議以来の友人)の運動に接近。
10月 「ヒット曲研究会」スタート。「ヒットチャートから社会情勢を分析する」連続座談会企画。参加者には矢部史郎、山の手緑の他、まだブレイク前の酒井隆史、丸川哲史らも。
1997年
2月 わずか半年にして東京撤退。高い家賃負担に狭い部屋という東京の住宅事情と、さまざまの運動が乱立する中で独自の路線を打ち出せない状況に精神的に耐えきれず。どうせ風呂なしなら地方にはもっと安くて広い部屋がある、と福岡市内に6畳2間で3万円以下のアパートを借りる。
5月 福岡で活動再開。ムリに独自路線を打ち出すことは断念し、首都圏ではすでに過去のものとなっていた「だめ連」ムーブメントを、まだ「だめ連」以前の状況にある福岡の政治・文化運動シーンに本格的に輸入することに。主に『じゃまーる』を利用した仲間集め(「交流圏」の確立)を開始。交流誌『ザ・コーネ』(「ざこ寝」の意)発行、地獄の10時間カラオケ、5本連続耐久映画上映会、県外ゲスト歓迎会などを口実に、大小無数の交流会を開催、わずか3ヶ月ほどで当日告知でも常時10名以上の交流会動員力を実現する(「福岡版だめ連」第一の波)。
6月 『ぺりかんだもの』発表。「相田みつを」をコケにしたパロディ作品。後に何度かミニコミ化。
8月 初めてのホームページ「恋と革命に生きるのさ」開設。なんかこの時期オザケンにハマっていたのでそんなタイトル。
11月 商業タウン誌『ムーブメント』創刊計画。外山を編集長として計画始動するも、のちポシャる。
1998年
2月 前年以来の福岡のネットワーク分裂。外山のアパートをたまり場とする総勢30名ほどの「福岡版だめ連」が形成されていたが、オシャレでマニアックなアート趣味の一派が外山を見限って去り、「交流圏」の規模は一気に縮小、方針の再検討をせまられる。もともとその連中には内心イラついていたため、分裂自体は「歴史的必然」と総括するも、自分で作ったネットワークで孤立してしまうパターンからなかなか抜け出せず。
3月 福岡の出版社が出す『テレクラな日常』なるワケのわからない企画本に原稿を書くことになり、テレクラには興味がないのでムリヤリ革命を論じる。
4月 7冊目の著作『ヒット曲を聴いてみた』刊行。純粋な著作(単独著作)ではなく、東京でのヒット曲研究会をバカバカしい脱線まで忠実にテープ起こしした、「外山恒一・編」の単行本。
「自由民権運動・ラジカル九州」結成。「福岡版だめ連」再始動の試み。先の失敗を総括し、最初から政治色を強く打ち出す。
「オフィスVAD」のビラを発見。深夜のビラ貼り途中、「万国の労働者&ダメ人間、団結せよ」と大書した怪しいビラが福岡大学周辺に先に貼ってあった。これまでいつもビラをまいて連絡を乞う側、たまには他人のビラを読んで連絡する側に回りたいという悲願が、福岡で運動を始めて苦節10年、初めてかなえられた記念すべき大事件。しかも文面から外山と同じく東京の「だめ連」に影響された連中であることは明らかだった。しかし、その正体はその後数ヶ月不明のまま。
鹿児島の「社会問題研究会」に参加。96年の鹿児島進出以来の友人・野口英一郎が主宰。わずかひと月のうちのこれら一連の動きに、「すわ、ついに九州にも<政治の季節>到来か」と勢い込む。
8月 オフィスVADと接触。4月にビラを偶然発見して以来、謎のままだった組織の正体がついに判明。東京だめ連のペペ長谷川の、だめ連結成以前の仲間の一人が、転勤で福岡へ来て始めたもので、今後の熱い連帯を相互に誓い合う。
熊本県水俣市で交流キャンプ。福岡の「ラジカル九州」、鹿児島の「社会問題研究会」、東京の矢部・山の手グループ、総勢10名で。
9月 ミニコミ『自由民権』発行。「自由民権運動・ラジカル九州」機関誌として。
替え歌メドレー『青年は仕事をやめる』発表。「無職青年社・社長」を名乗り、社歌として。
読書会「柄谷行人研究会」スタート。知的な若者に人気のある思想家・柄谷行人の名前で参加者を募り、実は吉本隆明の思想を注入するという陰謀企画。
11月 「メンズリブ福岡」結成に参加。その他さまざまの大小のグループが次々に登場し、自身の「自由民権運動・ラジカル九州」を含め、これらの運動体をヨコにつないだのが、「福岡版だめ連」第二の波で、99年3月ごろには総勢100名ほどの巨大な交流圏が形成されていた。
1999年
2月 「だめ連・福岡」正式結成。
3月 ミニコミ『自慰MEN'99』刊行。参加者が自身のオナニー体験について赤裸々に語る座談会の記録。メンズリブ運動の外山流の実践。
痴話喧嘩が高じて交際相手を殴り、鼓膜が破れるケガを負わせる。まさかこれがこの後数年におよぶ絶望的な闘争の始まりになるとは。
4月 福岡県知事選に“無届け立候補”し、「投票率ダウン・キャンペーン」を展開。
5月 「ストーカー」闘争。上記殴打事件を機に交流圏のフェミニストたちや矢部史郎グループらが外山の恋愛問題に政治的に介入し、ムリヤリ離縁させるなどの暴挙に出たことへのやむを得ざる反撃戦。人間関係がズタズタとなり、「ラジカル九州」崩壊。
7月 精神病院に通いはじめる。
福岡のアングラ・アーティストのネットワーク「大耳レーベル」、故・土方巽の流れを汲む正統派の「舞踏青龍會」、あるいは元DPクラブ・メンバーで“腐れ縁”的友人のバンド「らくだ」…といったグループや人々の周辺で企画されるさまざまの音楽や演劇その他のイベントに頻繁に通い、時にはスタッフも務めるという交流三昧の日々を満喫、年頭以来の苦境から徐々に脱却を図る。
8月 初のライブハウス単独ライブ。「ストリート・ミュージシャン」生活10年目にして。オリジナル、替え歌、モノマネと多彩な芸を披露。
9月 テント芝居の制作に関わる。広島の「風狂フーガ」、京都の「魚人帝国」の福岡公演に現地スタッフとなるが、外山執筆の宣伝ビラが激怒(主に前者劇団員)と絶賛(主に後者劇団員)の対象に。
10月 「九州電力を叱り励ます会」結成。東海村の臨界事故を契機に反原発運動を開始。するつもりで作ったビラはウケたが実質活動せず。
2000年
2月 ミニコミ『ネオダダ短歌』発表。五七五七七をそれぞれ別の人間がランダムに作り、偶然出来上がった意味ナシ「短歌」を強引に解釈して批評するという文章芸。
3月 山の手緑へのテロ敢行。前年来の恋愛問題への政治的介入に対する報復。杉並区高円寺の矢部・山の手グループ事務所に宅配便業者を装って侵入し、一方的に殴る蹴るなどして撤収。経緯を手記にまとめパンフにして配布。
4月 鹿児島市議選に友人・野口英一郎が立候補したため、スタッフとして選挙カーから大音量でピストルズを流すなど「節度あるやりたい放題」のサブカル選挙運動を牽引。野口は50人中49位で当選。
10月 マルコム・マクラレン計画に着手。それまで何度もバンド結成計画を立てては挫折してきた経緯を総括し、自分でボーカルやギターを担当するのではなく、コンセプトを設計して、それに合う人材を発掘してバンドとして組織し、方針を押しつけるという策謀。ちなみにマルコム・マクラレンはセックス・ピストルズのマネージャー。
11月 街頭ライブにアンプ導入。かつて投げ銭で食っていく方法を伝授した大阪の「弟子」が、マイクとエレアコ・ギターをアンプにつなぐ大がかりなやり方を開発していたので今度は逆に伝授してもらい、食うためにイヤイヤ続けていた街頭ライブがちょっと楽しくなる。
12月 「傷害罪」で起訴される。詳細は「獄中手記」参照。
2001年
1月 内省と傷心の旅。すでに2年前の話になろうかという過去の恋愛事件にいつまでも束縛されることに疲れ果て、一人になって静かに考えようと丸1ヶ月の鹿児島滞在。最終的にはヒラメイテしまったためにいよいよマズい展開に。
2月 刑事裁判が始まる。民事裁判の訴状が届く。
3月 「マイ・マジェスティ」闘争開始。ムリヤリ日本語に訳せば「神聖にして不可侵なオレ様」の意。裁判闘争を徹底的にエンタテインメント化する決意を固め、精神的にも完全復活。「フェミニストをやっつけろ!」と題した裁判レポートのサイトを開設、まるで演劇公演の告知のような傍聴勧誘ビラを大量配布するなどして傍聴席をたびたび満員にし、裁判をネタにした宴会を自宅アパート等で頻繁に開催、「福岡版だめ連」第三の波を創出する。
8月 刑事裁判一審「懲役10ヶ月」の判決。執行猶予ナシの実刑。「法廷侮辱」への報復判決である。
9月 民事裁判一審「100万円の賠償を命じる」判決。この頃には思いつくことはすべてやり尽くして、裁判に飽き始めていた。数ヶ月後に刑務所に入ることを前提に最高裁まで形だけ争い、それまでのモラトリアムを、前年着想した「マルコム・マクラレン計画」実現に費やすことにして、バンドメンバー募集に本腰を入れる。
2002年
九州大学構内に貼ったビラを見て連絡を取ってきた哲学専攻の女子学生をボーカルに採用、街頭の仲間等でバックを固めた社会派ビートパンクバンド「ハーメルン」をまたたく間に結成。外山は「黒幕」という謎のパートを担当し、他にDPクラブ以来の相棒が「相談役」というこれまた謎のパートで加入。
4月 ハーメルン第1回ライブ「ハーメルンの笛」。ハーメルンの主催で、友人知人のバンド数組も出演。予想外に充分な観客動員があって大成功。外山はライブ本番中、舞台には上がるものの演奏を尻目に難しげな本をひたすら黙って読んでいるだけ。
2002年5月14日 死去
(私は左翼に虐殺されたのだと認識している)
5月14日 「名誉毀損」容疑で突然逮捕される。「民事相手方弁護士の同僚を誹謗した」として。接見禁止措置のため外部と一切連絡取れず。
19日 ハーメルン第2回ライブ「外山恒一入獄祝賀会」。開催5日前に、名誉毀損容疑で突然逮捕される。「入獄祝賀」はむろん傷害罪の判決が最高裁の上告棄却で近く確定することを予想してのもので、こんな突然の不当逮捕を予期してのものではない。外山下獄後の方針も決まっていない段階での突発事態で、幸い(?)外山は演奏に関与しない特殊な「パート」担当だったためこのライブ自体は無事開催されたらしいが、ハーメルンはまもなく自然消滅。
7月 「傷害」上告棄却。一審の「懲役10ヶ月」が確定し、「名誉毀損」公判と同時並行で「受刑者」となる。
8月 接見禁止解除。しかしすでに「受刑者」となっており、親族以外との連絡は不可能。
11月 「名誉毀損」一審判決。求刑どおり「懲役1年」。もちろん実刑。
2003年
3月 「名誉毀損」二審判決。「懲役8ヶ月」に減刑。
5月 「傷害罪」での服役終わる。逮捕以来1年ぶりに外部との連絡が可能に。
獄中転向。友人が差し入れたムソリーニの伝記を読んで啓示を受け、ファシストとなる。
9月 「名誉毀損」上告棄却。二審の「懲役8ヶ月」が確定し、ふたたび「受刑者」となるが、判決を不服として刑務作業その他囚人に課せられた一切の義務の拒否を刑務所側に通告。8ヶ月間丸々を「取調べ」と「懲罰」で過ごす。
復活
(キリスト的に)
2004年
5月5日 福岡刑務所を満期出所。丸2年ぶりに自由の身となる。今後、外山は最終学歴を「福岡刑務所卒業」と称する。満期出所だから「中退」(=仮釈放)ではないのである。
ファシスト時代
出所直後より、獄中で構想したファシスト党「我々団」の建設にとりかかる。
7月 熊本市内の支援者宅で居候生活開始。前後して、知人の知人がフツーの刑事犯として逮捕された事件で、経験をいかしてこの年いっぱい支援に奔走。
12月 8冊目の著作『最低ですかーっ!』刊行
2005年
1月 我々団のサイト開設(当初は「外山恒一のホームページ」の1コーナーとして)。
6月 埼玉のテント劇団「どくんご」の九州公演(4ヶ所)に随行。
8月 鹿児島県姶良郡隼人町の実家に移住。
9月 鹿児島市内のテント芝居関係者と意気投合し、「劇団あたまごなし」結成。
10月 獄中で詠んだ連作短歌「百回休み」が、角川短歌賞で予選通過(応募作624篇中33篇)するも受賞には至らず。
11月 霧島市議会議員選挙(隼人選挙区)に出馬。「政府転覆の是非」を争点に投票者中150人に1人の支持を得るも、供託金30万円を没収される(返還ラインは120人に1人相当の得票)。
12月 劇団活動やストリート・ミュージシャン活動における利便性確保のため鹿児島市内に風呂なしアパートを借りる。
2006年
4月 劇団あたまごなし旗揚げ公演『アリババが四十人の盗賊』。桜島・有村崎特設テントにて。もともと脚本のみの参加である予定だったが、劇団員の交通事故などアクシデント相次ぎ、チョイ役で役者デビューも。公演終了後まもなく、演出家と決裂して退団。
夏ごろ 九州ファシスト党の建設が思うように進まない状況を打破するため、翌年の熊本市議選に出馬することを考える。が、どうせなら東京都知事選にでも出た方が注目は集まるかもと思い始める。
9月 上京し、高円寺の「素人の乱」の諸君と交流しつつ、都知事選出馬が現実的に可能かを1ヶ月ほどかけてリサーチ。思うように支持は集まらなかったものの、ますます都知事選に賭けてみたい気持ちに駆られる。
11月 熊本市議選と東京都知事選の両方に出馬することを決意し、とにかく本当に出られるかどうかも分からない都知事選の準備に力を入れるために再上京。まずは都内にアパートを借りるため、ネットカフェ難民生活をしながらストリート・ミュージシャン活動でひたすら稼ぐ。
「雨宮処凛のオールニートニッポン」に、急遽出演キャンセルした松本哉の代役として出演し、赤軍派議長・塩見孝也氏と対決。
12月 高円寺に3万2千円のアパートを借りる。また、熊本市内にも2万9千円のアパートを借りる。
2007年
1月
鹿児島市内のアパートを引き払う。
3月 ネイキッドロフトで「第一回 政府転覆共同謀議」。ゲストに文芸批評家のスガ秀実氏と一水会の鈴木邦男氏、元「秋の嵐」でマンガ家の山本夜羽音。事実上の都知事選出馬表明イベント。
ほんとに都知事選に出馬し、限りなく反則技の政見放送でガゼン注目を集める。1万5千票を獲得し、全14候補中8位。供託金300万円は没収される。
4月 熊本市議選に出馬。統一地方選の前半も後半も戦った候補は他にいないだろう。当然落選するも3回目の選挙にして初めて供託金30万円を取り戻す。
5月 ネイキッドロフトで「第二回 政府転覆共同謀議 これが革命家の選挙戦だ」。ゲストは素人の乱の松本哉、司会に法政大学統一OB会の中川文人氏。
北海道大学恵迪寮で講演。
6月 素人の乱・松本哉氏とともにTBSラジオの深夜番組「Life」に出演(この放送回が後にギャラクシー賞・ラジオ部門の大賞を受賞)。
1年以上前の原付でのショボい交通違反事件でいきなり逮捕され、月半ばまで丸々1ヶ月の獄中生活。獄中からスタッフ経由でブログを更新しつづける。
7月 交通違反事件の裁判が始まる。
晋遊舎が創刊した月刊誌『スレッド』に「ネット右翼矯正収容所」連載開始(ただし同誌は3ヶ月で休刊)。
8月 ネイキッドロフトで「第三回 政府転覆共同謀議 外山恒一、(また)不当逮捕!?」。ゲストは交通ジャーナリストの今井亮一氏と、鈴木邦男氏。司会は例によって中川文人氏。
9月 交通違反裁判の合間を縫って自動車運転免許を取得。
10月 交通違反裁判の一審判決。検察官の求刑「罰金1万5千円」に対し、判決はなんとその8倍の「罰金12万円」。以前の「マイ・マジェスティ闘争」同様、裁判官を徹底的にオチョクって激怒させた結果である。当然控訴。
8年前の福岡県知事選における「投票率ダウンキャンペーン」の映像を編集し、新作動画として発表。
交通違反裁判での厳しい判決をうけて、“真摯な反省”を表明する新作動画「償い」発表。
11月 雑誌『スタジオボイス』に「革命のエチュード」連載開始(09年2月まで)。
ネイキッドロフトで「第四回 政府転覆共同謀議 革命運動史の空白を埋める」。ゲストは中川文人氏、山本夜羽音、ペペ長谷川。
12月 雑誌『ズバ王』に「自慰MEN'08」連載開始(翌年夏まで)。
京都大学熊野寮で講演。
2008年
1月 阿佐ヶ谷ロフトでの早見慶子氏のイベントに出演。ゲストは他に鈴木邦男氏、中川文人氏。
2月 阿佐ヶ谷ロフトでの 神津陽氏のイベントに参加。ゲストは他にスガ秀実氏、ペペ長谷川氏、早大の活動家・ 花咲政之輔氏。
福岡市南区に新拠点となる一軒家を借りる。
熊本で“ニート・デモ”に参加。
3月 交通違反裁判の控訴審判決。「原判決を取り消し、罰金3万円とし、この事件で1ヶ月も拘束されてたんだからその罰金もすでに全額支払って余りあるとみなし事実上おとがめなし」という実質勝利だが、それでも形式上はそもそもの求刑の「2倍」となっているわけで、そんなムチャクチャな判決は許してはおけないということで上告。
4月 鹿児島市議選に立候補。540票を獲得し、熊本市議選に引き続いて供託金を取り戻して「安定した泡沫候補」と称される。
熊本で“KYメーデー”に参加。
5月 フリーターユニオン福岡の“五月病祭”に参加。
6月 9冊目の著作『青いムーブメント』刊行。
阿佐ヶ谷ロフトで「第五回政府転覆共同謀議 プレカリアート右派!?」。ゲストは“丸山真男をひっぱたきたい”赤木智弘氏と元「秋の嵐」で先輩ファシストでもある佐藤悟志氏、司会はいつものように中川文人氏。
7月 交通違反裁判の上告棄却、晴れて「前科三犯」となる。
洞爺湖サミットへの反対行動に参加。世界中から左翼の反グローバリズム活動家が結集する中、「エコ反対」のプラカード1枚で存在感を誇示。
維新政党・新風の“20代の会”が福岡で開催した討論会にゲスト参加。
9月 革命家養成塾・黒色クートベ、第一期スタート(翌年2月まで)。
アメリカ大統領選に(勝手に)立候補。
11月 都知事選以来、東京出張拠点として維持していた高円寺のアパートを引き払う。
12月 音声だけの“動画”としてYOU TUBEにアップするという形式での「ネットラジオもどき」の実験開始。翌年2月まで毎週発表。
2009年
3月
当サイトを全面的にリニューアル
福岡市南区の革命家養成塾・塾舎で毎週日曜(のち毎週火曜)夜に「定期交流会」を開始(9月まで)。主に福岡在住の左右の活動家、元活動家、前衛芸術家などが参加し、“我々団交流圏”が形成され始める。
4月
熊本で「ならずものメーデー」に参加。
5月
福岡で左派のフリーター労組が主催する「五月病祭り」に「愛国派労組」のプラカードを掲げて参加。
「劇団どくんご」全国ツアーの九州部分を(この年もまた)ハシゴ開始。
6月
法政大学入学相談闘争。
7月
外山に二度も不当判決を云い渡したことへの天罰として痴漢で捕まった元裁判官・一木泰造を被告とする判決公判をイヤガラセで傍聴。
フリーターユニオン福岡と在特会福岡支部との街頭での衝突(寸前)を、どちらに肩入れするわけにもいかず公安の位置で傍観。
8月 革命家養成塾で、10日間かけてスガ秀実の大著『革命的な、あまりに革命的な』を熟読する「夏期講習」開催。正規塾生の他に東京の学生ら3名参加。
衆院選に合わせ「選挙反対キャンペーン」。
革命家養成塾舎にスガ秀実氏を招き交流会。
9月 兵庫県の宝塚造形芸術大学・学園祭でのトークイベントに参加。ゲストは他にスガ秀実氏、過激思想家の千坂恭二氏、『ロスジェネ』誌編集委員の増山麗奈氏。
10月〜11月 「劇団どくんご」全国ツアーの九州部分をひたすら追いかける。
12月 福岡のアングラ芸術系ネットワーク「大耳」界隈のイベントに「トークライブ」形式で出演。
2010年
1月 90年前後に法政大学ノンセクトを率いて同大に巣食う中核派との抗争を勝利に導いた中川文人氏にその体験を根掘り葉掘り聞いた長篇インタビューが、『ポスト学生運動史 法大黒ヘル編』として単行本化。もちろん単著ではないが10冊目の著作。
2月 中川文人氏を招き、熊本と福岡で交流イベント開催。
東京のジュンク堂新宿店で『ポスト学生運動史』の出版記念イベント。ゲストに鈴木邦男氏。
3月 阿佐ヶ谷ロフトで『ポスト学生運動史』の出版記念イベント。ゲストにスガ秀実氏。
「素人の乱」の松本哉が企画した高円寺での「警察出てこいデモ」なる無意味デモに参加。
5月 友好関係にある維新政党新風福岡支部のためにプロモーション動画を制作。
ペペ長谷川氏を招き、熊本と福岡で交流イベント開催。
「劇団どくんご」全国ツアーの九州部分を例によって追いかける。
6月 阿佐ヶ谷ロフトで反体制右翼マガジン『デルクイ』創刊予告イベント。
7月 twitter開始。
8月 革命家養成塾舎に鈴木邦男氏を招き交流会。
千坂恭二氏を招き、熊本と福岡で交流イベント開催。福岡でのイベントは8月15日、「今こそ若者たちに語り継ぎたいあの戦争」と題して、「あの戦争」つまり1968年の世界革命戦争について語り倒してもらう内容。
革命家養成塾舎に佐藤悟志氏を招き交流会。
10月 イメージアップを狙い、ストリート・ミュージシャンとしてケナゲにレパートリー増大の“営業努力”をする姿に迫るプチ感動の連作動画「働く総統」を発表。
〜11月 またまた「劇団どくんご」全国ツアー九州編に密着。
東京・一橋大学の学園祭企画で元国会議員の杉村太蔵氏と公開対談イベント。
2011年
2月 福岡の右派系青年らによる「ニコニコ生放送」企画に出演、数千人が視聴。
外山が企画・編集した反体制右翼マガジン『デルクイ』創刊号刊行。
3月 フリーター労組で知り合った友人と共に福岡市早良区西新に「BARラジカル」をオープン。以後ほぼ毎晩バーテンとして自ら接客。
東京都知事選・政見放送の第1回放映の時間帯に合わせて「外山恒一の政見放送・2011年版」をYouTubeに公開。
4月 翌5月にかけてまたまた「劇団どくんご」全国ツアー九州編を追い回す。が、「外山恒一常駐」をウリにしているBAR運営との兼ね合いで、タテ&バラシはあまり手伝えず。
5月 注目・期待の活動家を絶賛するための「外山恒一賞」を創設し、排害社代表の金友隆幸氏に第1回授与通告。
BARラジカルに同世代の左右の論客を1人ずつゲストに招いての「第1回 博多梁山泊」開催。
6月 福岡での反原発デモに「反原発右派」として参加。数名の我々団公然党員およびシンパにより「核の平和利用反対」「国賊東電に天誅を」「節電しません勝つまでは」「原発推進派に破防法を」などのプラカードが掲げられ、左派主体のデモなので圧倒的少数派であるにもかかわらず圧倒的存在感を示す。
07年の都知事選を回想した『政府転覆 上巻 余は如何にして東京都知事候補となりし乎』をウェブ出版。サブタイトルのとおり、都知事選立候補を決意するまでの経緯を詳述。『デルクイ』は勘定に入れず11冊目の著作。
スガ秀実氏が企画した“80年代の反核&反原発運動史を検証する”東京での座談会に参加。出席者は他に批評家の黒古一夫氏と菅孝行氏。2012年3月10日発行の近畿大学国際人文科学研究所編『述 5 反原発問題』(論創社・刊)に掲載。
BARラジカルに宮沢直人氏を招いて交流イベント。
7月 原発推進派への皮肉をこめた替え歌メドレー『原発推進組曲』をYouTubeで公開。
東京でおこなわれた「右から考える脱原発」の集会&デモに我々団員を派遣。
9月 福岡での反原発デモ参加の際に掲げていた我々団旗(黒地に赤い日の丸=アナキズムとナショナリズムの統合というファシズムの理念を表現)がデモ隊を罵倒するために沿道にいた在特会や、在特会がネットに上げた報告写真を見たネトウヨどもの非難の的に。
20歳の時に『ユートピアの冒険』と『テロルの現象学』を読んで(それを機にマルクス主義者を辞めて)以来、一方的に絶大な影響を受け続けてきた革命思想家で探偵小説作家の笠井潔氏と初めて会い、新宿の飲み屋で6時間ほど話し込む。
10月 この年から「劇団どくんご福岡公演」の現地スタッフ代表を務めることになり、自ら役所交渉に赴いて「演劇公演なんかに公共の公園は貸せない」などとデタラメを云う役人たちと徹底対峙し、最終的に天神須崎公園の使用許可を勝ち取る。
革命家養成塾を優秀な成績で卒業し、我々団の同志となった2名が芸術弾圧を掲げる芸術批評誌(正確には「芸術誌系弾圧機構」)『メイン・ストリーム』を創刊。
11月 「劇団どくんご」福岡公演を皮切りに全国ツアー終盤の?九州編?4ヶ所公演に同行。この年は春の往路九州編4ヶ所に加え、群馬と高知の公演にも駆けつけ、計10ヶ所17公演に立ち会った。
首都圏のノンセクト学生活動家たち(通称?黒ヘル全学連?)によるネイキッド・ロフトでのイベント「東日本学生運動復興構想会議」に司会者として参加。
2012年
1月 BARラジカルにて良元優作ライブを開催。良元優作は一部の音楽通の間で評価の高い大阪のフォーク&ブルースの弾き語りミュージシャンで、外山の古いストリート・ミュージシャン仲間。
『サイゾー』の特集「ニッポンの革命家」の一企画として元航空幕僚長・」田母神敏雄氏と対談。案の定まったく話はかみ合わず。
統一戦線義勇軍の針谷大輔氏が主催した東京・ロフトプラスワンでの?反原発右派?のイベント「男たちの国防論 脱原発運動の新たな局面を考える」に出演。
福岡での反原発twitterデモに一切のパフォーマンスなしで地味に参加。
この月いっぱいで前年3月のオープン以来丸10ヶ月間の原則毎晩カウンターで接客するBARラジカルの「外山恒一常駐」体制終了。以後、同店は本来のオーナーが継続。
2月 読んだ雑誌記事から周囲と共有したいと感じたものを選びスクラップして著作権無視で小冊子にまとめて周囲に配る『外山恒一のスクラップ&スクラップ』を毎月刊行開始……の予定だったがまもなく印刷場所が確保できなくなり4月刊の第3号までで頓挫。
?外山恒一不在?のBARラジカルが一層カンコドリーとなることを懸念し、毎月最終日のみ?1日店長?として復活することに。しかし経営は意外と(?外山恒一常駐?時代よりも!)軌道に乗ってきたようなので約半年後の9月でそれも終了。
熊本で知人が主催した山本太郎講演会を当日会場スタッフとして手伝う。打ち上げで山本氏とも数時間交流。
福岡での反原発twitterデモに前月に引き続き一切のパフォーマンスなしで地味に参加。
3月 福岡での左派系の反原発デモに数名の?反原発右派?の1人として参加。
2009年頃に製作しようとして中途で放り出した?プロモーション・ビデオ?を未完成作品のままYouTubeで公開。
福岡での反原発twitterデモにまたまた一切のパフォーマンスなしで地味に参加。
4月 大好物すぎて毎年つい採りすぎてしまうツクシを、いっそ意識的に乱獲して売りさばき我々団の巨大な資金源としようと目論んで大失敗。せめて文学に昇華してお茶をにごす。
福岡の反原発twitterデモの中心メンバーらによる九州電力本社前での抗議行動に参加。
ロンドンの(現地ではそこそこ有名らしい)ファシストらしき活動家の依頼に応えて、同氏の編集・刊行になる三島由紀夫論集に、三島など一冊も読んだことないくせに三島論をデッチ上げて寄稿。
翌月にかけて例によって「劇団どくんご」全国ツアー序盤の九州編4ヶ所公演に完全密着。
主に初対面の人向けの自己紹介グッズとして、政見放送、YouTube向けに自作した諸動画、トークライブ動画などを収録したDVDを編集し、周囲にバラまきはじめる。
5月 やがて名誉ある第2回外山恒一賞を、熊本市で活動する「劇団第七インターチェンジ」主宰の亀井純太郎氏に授与通告。
2月の山本太郎講演会の打ち上げ交流会で知り合った右翼青年の仲介で、元々はその青年が所有していたというワゴン車タイプの街宣車を、熊本の右翼団体から格安で譲ってもらい、「日教組を撃滅しましょう」などと書かれていたイカニモ右翼なそれを早速「反原発右派」街宣車に改変する。
6月 全国13ヶ所(鳥取・岡山・大阪・京都・群馬・富山・新潟・仙台・札幌・松本・水戸・静岡・名古屋)で「外山恒一を囲んで飲む会」を開催してまわる?全国ツアー?を翌7月にかけて敢行。入手したばかりの街宣車での一人旅。
新潟大生の主催でトークライブ。
全国ツアーの合間に富山に数日滞在し、『青いムーブメント』でも言及した、80年代末ごろに当地で発行されていたらしい謎の社会派ミニコミ『へそ』の関係者の消息を追う調査活動。
首相官邸前での反原発行動の参加者が万単位になり始めたタイミングで、たまたま「劇団どくんご東京公演」を全ステ観るために東京滞在中だったので、抗議行動の時間に合わせて官邸周辺をピストルズとブルーハーツを大音量で流しながら街宣車ドライブし、人民にとても喜ばれる。
7月 法政大学構内でトークライブ
北海道大学アナキズム研究会の主宰でトークライブ
山梨県にある笠井潔氏の山荘に招かれ夜を徹して語り明かす。
8月 全国ツアーの次は全九州ツアーを、全国ツアーとは違いきちんと会場を設定した上で敢行しようと思い立ち、まず会場探し、続いて事前情宣のために、本番と設定した10月半ばまで、九州各地のサブカル的・アングラ的な飲み屋や喫茶店を、九州じゅうを何周もしながら訪ね歩く。
9月 大分県別府市で開催されたパンク系のライブ・イベントに成り行きで飛び入り出演。
10月 動画中継「我々団TV」をまずは試験的に月1回、第一月曜の夜にニコニコ生中継で開始。
「外山恒一トークライブin九州8都市」敢行。
11月 前年に引き続き現地スタッフ代表を務めた福岡公演を皮切りに、「劇団どくんご」全国ツアー終盤の?九州編?6ヶ所公演に密着。春の往路九州編4ヶ所の他、自身の全国ツアーの合間の京都・群馬・東京、さらにダメオシで広島の公演も観て、計14ヶ所27公演は各地のファンの中でも群を抜いて最多であることはもちろん、自身としても2001年に同劇団を追っかけ始めて以来の最多記録。
東京都知事選の告示日に合わせ「外山恒一の政見放送 のようなもの2012年版」をYouTubeに発表。
12月 ネット上で過去に一言でもどんな些細なことであれ外山に言及したことがある、つまり少なくとも外山の存在を知ってはいるはずの者のメールアドレスを徹底的なエゴサーチによって収集、メルマガを一方的に送りつける強引な情宣活動を開始。
衆院選にて原発推進派候補の選挙カーを街宣車で追い回す、一種の落選運動「原発推進派懲罰遠征」を敢行。
2013年
2月 Ustreamにて毎週月曜夜「我々団TV」を放送開始。