『人民の敵』第35号
2017.8.1発行)

内容
収録日
収録場所
400字詰
原稿用紙換算
〈対談〉with スガ秀実
2017.09.12
埼玉
約136枚
〈新著刊行記念〉外山恒一トークライブ 前篇
2017.09.13
東京
約48枚

1.数少ない非転向の全共闘ラディカリストで文芸批評家のスガ秀実氏、第32号に続いて6回目のご登場(1回目2回目3回目4回目4.5回目)。リベラル派の“天皇帰依”への総転向ぶり、三島由紀夫論、“68年”論、今ふうの“アナキズム”批判、ナガブチ、POSSE問題、リフレ派、だめ連、フリーター労組、左翼ポピュリズム、矢部史郎、城西大学問題、埼玉大ノンセクトの歴史……と話題はあっちこっちに飛びながらの超ロング時事放談。

2.9月11日という悦ばしき日に刊行された外山の9年ぶりの単著『良いテロリストのための教科書』についてのトークライブ前半部。中川文人氏の司会によって、観客として来場していた佐藤悟志氏も強引に壇上に上げられて、会場からの質問を受けながらの鼎談トークとなる。